CATEGORY

自然葬/納骨堂

  • 2020年11月21日
  • 2020年11月19日

拝む場所と偲ぶ気持ち 永代供養のススメ 

春と秋の彼岸が近くなると、家族の中でどこからともなくお墓参りの話題が出てくるものです。 ここで、冷静になって一度考えてみましょう。 あなたがお墓参りに行くのはなぜですか? これまでずっとそうしてきたから お墓参りに行かなければ家族に冷たい人間と思われ […]

  • 2020年11月20日
  • 2020年11月19日

永代供養をお願いする寺院の選び方3つのポイント

歳を重ね、生きている時間が長くなるほど「生き死に事は大変!」と感じませんか。 子や孫が生まれるのは、あらかじめ準備と心構えができますが、近しい人の不幸は突然やってきます。 また、親族として葬儀を取り仕切る場合、「初めてのことだらけで何からすればいいの […]

  • 2020年11月19日
  • 2020年11月19日

戒名って必要なの?という素朴な疑問について

親族の葬儀があった折、 「○○寺にお願いすれば大丈夫だから。ずっとそこでお願いしているから」 という話を先代から聞いたけれど、そのお寺に一度も行ったことがない…というのは良くある話。 仏壇が家にあり、祖父母がその前で何度もお経を読む姿は、一昔前までは […]

  • 2020年11月10日
  • 2020年11月19日

大分団地新聞社に掲載された自然葬

大分に「大分団地新聞社」という月イチの10万部発行のフリーペーパー型の新聞社があります。 大分市内の各団地で無料配布されています。10万世帯です。大分の人口約48万人に対して10万世帯です。 この新聞社に「永代供養 自然葬」が取材をしていただきました […]

  • 2020年10月6日

【永代供養のススメ】手つかずの自然が残る大分で自然葬を

近年では、お墓のかたちやスタイル、納骨の方法、墓地の設備に民間のサービスまで、葬儀法要にまつわるもの全てにいろんな選択肢が増えてきています。 今はまさに、納骨堂・永代供養の広まりが盛んなタイミングです。   人口が多い世代をターゲットにする […]

  • 2020年10月4日
  • 2020年10月2日

永代供養への意識変化 先祖の祭祀から故人の祭祀へ(自然葬へ)

あなたは、将来自分が入ることになるかもしれないお墓がありますか。 先祖の遺骨が何代も納められている家墓がありますか。 そのお墓に自分が将来入ることに、わずかでも疑問や不安を感じたことがありますか。   火葬文化の背景と供養の方法 日本でお墓 […]

  • 2020年10月3日
  • 2020年10月2日

永代供養・自然葬の考え方 あの世でも夫婦一緒に過ごす?

火葬して遺骨になった後は当然のようにあのお墓に入るのだろうな。 お墓がなければ、自分(の遺骨)が入る場所がないから準備をしておかなきゃ。   働き世代を終えてセカンドライフを過ごす人の中には、自分が生きている間にお墓の準備をすすめる人が増え […]

  • 2020年10月2日
  • 2020年10月2日

大分の永代供養自然葬

永代供養の自然葬とはお墓に入らず自然(土)に自分を「還す」こと 日本では、亡き故人を弔う際に葬儀をあげ、火葬場へ行き、石墓に納骨するのが一般的です。 しかし、火葬の弔いもさかのぼれば半世紀ほどの歴史でしかありません。戦前までは、誰しもが土葬で自然(土 […]

  • 2020年9月29日
  • 2020年9月29日

【自然葬モニュメント完成】永代供養/大分(毎日新聞)

【自然葬モニュメント完成】 <大分市・霊山寺> 死生観や死との向き合い方が変わりつつあるなかで、墓碑を作らず、海や野山、大樹の根元などに散骨する「自然葬」が注目されている。 大分市岡川の霊山寺では、今月から自然葬を始めた。稙田恵秀住職(89)は「自然 […]

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG