CATEGORY

自然葬/納骨堂

  • 2020年10月6日

【永代供養のススメ】手つかずの自然が残る大分で自然葬を

近年では、お墓のかたちやスタイル、納骨の方法、墓地の設備に民間のサービスまで、葬儀法要にまつわるもの全てにいろんな選択肢が増えてきています。 今はまさに、納骨堂・永代供養の広まりが盛んなタイミングです。   人口が多い世代をターゲットにする […]

  • 2020年10月4日
  • 2020年10月2日

永代供養への意識変化 先祖の祭祀から故人の祭祀へ(自然葬へ)

あなたは、将来自分が入ることになるかもしれないお墓がありますか。 先祖の遺骨が何代も納められている家墓がありますか。 そのお墓に自分が将来入ることに、わずかでも疑問や不安を感じたことがありますか。   火葬文化の背景と供養の方法 日本でお墓 […]

  • 2020年10月3日
  • 2020年10月2日

永代供養・自然葬の考え方 あの世でも夫婦一緒に過ごす?

火葬して遺骨になった後は当然のようにあのお墓に入るのだろうな。 お墓がなければ、自分(の遺骨)が入る場所がないから準備をしておかなきゃ。   働き世代を終えてセカンドライフを過ごす人の中には、自分が生きている間にお墓の準備をすすめる人が増え […]

  • 2020年10月2日
  • 2020年10月2日

大分の永代供養自然葬

永代供養の自然葬とはお墓に入らず自然(土)に自分を「還す」こと 日本では、亡き故人を弔う際に葬儀をあげ、火葬場へ行き、石墓に納骨するのが一般的です。 しかし、火葬の弔いもさかのぼれば半世紀ほどの歴史でしかありません。戦前までは、誰しもが土葬で自然(土 […]

  • 2020年9月29日
  • 2020年9月29日

【自然葬モニュメント完成】永代供養/大分(毎日新聞)

【自然葬モニュメント完成】 <大分市・霊山寺> 死生観や死との向き合い方が変わりつつあるなかで、墓碑を作らず、海や野山、大樹の根元などに散骨する「自然葬」が注目されている。 大分市岡川の霊山寺では、今月から自然葬を始めた。稙田恵秀住職(89)は「自然 […]

  • 2020年9月26日
  • 2020年9月29日

永代供養【自然葬モニュメント完成】西日本新聞社

大分市・霊山寺「墓代わり、遺灰を土に」 墓をつくらず、遺灰を土に返す「自然葬」を行うモニュメントが、大分市岡川の山中にある霊山寺の一角に完成した。 少子高齢化や核家族化を背景に、近年は先祖代々の墓の維持管理が困難になり、墓じまいする人が増えているとい […]

  • 2020年9月10日
  • 2020年9月29日

永代供養【霊山寺で自然葬】大分合同新聞社

【霊山寺で自然葬】 「墓の管理、継承が困難」 「大地に返って眠りたい」 【大分】大分市岡川の霊山寺(稙田恵秀住職)が今月から、遺骨を土に返す「自然葬」を始める。少子高齢化などで先祖代々の墓を管理、継承するのが難しいケースが増え、「墓じまいしたい」「跡 […]

  • 2020年9月6日
  • 2020年9月3日

永代供養付きの自然葬や墓じまいに注目が集まっているワケ

亡くなった後はお墓に納骨するのがスタンダードだと思われいる日本ですが、墓を守り継いでいる家系の家墓であれば、明治時代からの祖先の遺骨がそこに安置されていることになりますね。 これまでに何人の先祖が亡くなって、家墓に納められているでしょうか。 自分が亡 […]

  • 2020年9月5日
  • 2020年9月15日

永代供養?「遺骨をどう扱うか」を自分に置き換えて

最近、遺骨を巡るトラブルが多いというニュースをよく聞きます。 「都合がわるい」「ジャマになってしまったから」という理由で放置、棄ててしまうといった事例もあるそうです。 大切な人を亡くした方にとっては考えられない!と思うでしょうが、世の中、人の感情や環 […]

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG