霊山寺とは?大分市にある飛来山霊山寺の歴史やアクセスについて

霊山寺について

霊山寺(りょうぜんじ)は豊後三大寺院の1つ。寺院からは大分市内を一望でき、紅葉でも知られる。

山号飛来山(ひらいさん)
宗派天台宗
霊場九州西国霊場第八番札所
創建708年
本尊十一面観音菩薩
脇仏不動明王、文殊菩薩、弁財天
住職稙田 恵秀

住職 稙田 恵秀

1995年10月、第9回世界宗教者平和祈祷集会で、大分県大分市にある天台宗霊山寺(りょうぜんじ)稙田恵秀(わさだえしゅう)住職は、日本の代表としてローマ教皇ヨハネ・パウロ2世と謁見しました。

また、稙田住職は、天台宗総本山「比叡山延暦寺」の役員も務めていました。

*比叡山は日本仏教の母山とも称され、法然上人、親鸞聖人、良忍上人、一遍上人、真盛上人、栄西禅師、道元禅師、日蓮聖人など日本仏教の各宗の祖師がここで学び、あるいはここで出家得度しています。

霊山寺の歴史

霊山寺の歴史・山門の写真大分市指定文化財【大分市指定文化財】
松平忠直創建の山門

1300年の歴史を刻み続ける大分県下で有数の古寺。天台宗の開祖である伝教大師「最澄」を始め、弘法大師「空海」、慈覚大師「円仁」等が訪れた。814年の最澄による再訪を機に天台宗の寺院となった。

霊山(りょうぜん)は古くから修行寺として栄え、国府から見て「仏の山」と称され、霊場(聖域)として知られる。最盛期には16の房300人以上の僧がこの山で修行をしていた霊場。

大分市指定重要文化財(松平忠直創建の山門)や大分市の名木指定(樹齢400年の杉)、大分市指定天然記念物(オオイタサンショウウオ)の生息地としても知られる。

霊山寺へのアクセス・連絡先

アクセス大分駅から車で約30分
東九州自動車道の大分光吉ICから車で約15分
住所〒870-1131 大分県大分市大字岡川855
TEL097-541-0162
FAX097-542-3870

自然葬/納骨室についての問い合わせはこちら

TEL050-6868-2411
直通電話090-2322-0155
FAX050-6865-3586
EMAILoitatrip@gmail.com
イベントの詳細は次のページをご参照ください↓
関連記事

飛来山霊山寺では本堂を一般に貸し出して外部イベントを開催しています。大人の書道教室指導する先生は、書家の松本重幸氏。書歴40年以上、全国の寺社仏閣で揮毫を奉納している有名な先生です。主催:[…]

飛来山霊山寺のイベント情報
>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG