TAG

永代供養

  • 2021年6月7日
  • 2021年6月7日

最愛の犬を看取って自分のこれからを考えました (70代 男性 会社経営者 東京在住1人暮らし

私は幼い頃からずっと、決して裕福とはいえない家で育てられました。 家庭環境にも恵まれず、「大人になったら1人で金持ちになってやる」という野心だけをずっと募らせていました。 幼少期の環境は、自分にはどうすることも出来ませんからね。 大人になったら自分の […]

  • 2021年6月7日

ぼんやりした終の不安がパッと晴れました (60代女性 パート社員 大分県在住 夫婦2人暮らし)

私はまだまだ頑張れる。主人も至って健康。 でも歳には叶わないな… 60代になった途端、少しずつ体の老いを感じるようになってきていました。 見た目は健康。でもこの健康=幸せはいつまで続くかわからない… ぼんやりと何となく自分のこれからの”残り”を意識し […]

  • 2021年5月6日
  • 2021年5月5日

私が永代供養を選んだ理由  (80代男性 無職 大分県在住 一人暮らし)

これまでに、何人もの友人や知人、近所の方を見送ってきました。 最愛の妻も15年前に病気で亡くし、いつも家の中で一緒に過ごしたネコも2年前に逝きました。 独居になるまでの生活 20年前に現役引退をするまで、仕事ばかりしていた私は、ずっと妻を1人きりにし […]

  • 2021年5月5日
  • 2021年5月5日

ステキな思い出になりたいからあえて「お墓に入らない」 (70代女性 無職 大分県在住 夫と2人暮らし)

何十年も子育てをして、家事と育児の合間に家計を支えるためパートで働いてきました。 子どもも所帯を持って、他県で生活しています。 今、私は趣味の社交ダンスに情熱を注いで健康づくりに励む毎日を送っています。 そんな社交ダンスを通じて出会った、「なんか、い […]

  • 2021年5月5日

友人のお骨上げで私の考えがまとまりました(50代男性会社員 兵庫県で家族4人暮らし/大分出身)

働き盛りと言えば聞こえは良いですが、私も40代の後半あたりからだんだんと体の不調が多くなってきました。 旧友に会っても、懐かしむ話はすぐにおしまい。メタボの心配と、健康トークの方が盛り上がるような年齢になってしまいましたね。 実は先日、大分の実家近く […]

  • 2021年4月6日
  • 2021年4月5日

いずれは永代供養してもらうようにお願いしました (70代女性 福岡県在住無職 子供夫婦と同居)

私は大分県に生まれて、主人の仕事の関係で福岡に引っ越して以来、60年ほど福岡で生活をしています。 私には姉がいますが、結局一度も結婚をしないまま大分県で一人暮らしを続けてきました。 還暦を超えたころから、姉の様子を伺いに、月に1度は大分へ出向いていま […]

  • 2021年3月9日
  • 2021年3月9日

故郷から離れて両親のこれからを想う

故郷から離れて両親のこれからを想う 東京在住50歳 会社員 私は、高校を卒業してから、大分を離れてずっと県外で働いています。 現在は東京で妻、子供らと暮していて、この先もずっと東京で暮らしていくつもりでいます。 「実家がある大分に戻ってこないのか?」 […]

  • 2021年2月7日
  • 2021年2月4日

「お墓参りが怖い」という孫の言葉にハッとして (70代女性 無職 大分県 夫婦2人暮らし)

5年前、私の子どもが結婚して孫が生まれ、おばあちゃんになりました。 子育てをしていた時と違って、孫というのは本当に、無条件にかわいいものですね。 子ども世帯は関東で生活しているので、実家に戻ってくるのはせいぜい年1回。盆正月の長期休暇のタイミングで帰 […]

  • 2021年2月6日
  • 2021年2月4日

永代供養のパンフレットがきっかけでした 60代女性 千葉県 ホームヘルパー(パート)

私は、有料特別老人ホームでヘルパーとして働いています。 私は60代でまだ体の不自由もなく、毎日元気に過ごしています。2人の子どもたちは独立してそれぞれ所帯を持っているので主人と2人暮らしですが、主人もまだまだ現役で働いています。 あちらの世界に行くの […]

  • 2021年2月5日
  • 2021年2月4日

家墓を失って途方に暮れていました (60代男性 年金受給者 無職)

お恥ずかしい話ですが、私はこれまでの人生でお金の工面に苦労してきました。 決して散財した訳ではありません。 両親の闘病と妻の病気の治療費を払うのに精一杯だったのです。 祖父母のお墓は公営墓地にあったのですが、私が働き始めてすぐに父の闘病が始まり、次第 […]

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG