TAG

墓じまい

  • 2021年7月6日
  • 2021年7月5日

お墓があるのが当たり前だと思っていましたが (50代女性 会社員 大分県在住 家族4人暮らし)

私は、二十数年前に結婚し、故郷をはなれ、今は大分で生活をしています。 子どもは2人。社会人になる手前の子どもたちと「あと何年いっしょに暮らせるかしら」なんて考えながら、忙しくも楽しい毎日を送っています。 主人の実家近くに家を建てて、自分の生活拠点は私 […]

  • 2021年6月7日

ぼんやりした終の不安がパッと晴れました (60代女性 パート社員 大分県在住 夫婦2人暮らし)

私はまだまだ頑張れる。主人も至って健康。 でも歳には叶わないな… 60代になった途端、少しずつ体の老いを感じるようになってきていました。 見た目は健康。でもこの健康=幸せはいつまで続くかわからない… ぼんやりと何となく自分のこれからの”残り”を意識し […]

  • 2020年9月26日
  • 2020年9月29日

永代供養【自然葬モニュメント完成】西日本新聞社

大分市・霊山寺「墓代わり、遺灰を土に」 墓をつくらず、遺灰を土に返す「自然葬」を行うモニュメントが、大分市岡川の山中にある霊山寺の一角に完成した。 少子高齢化や核家族化を背景に、近年は先祖代々の墓の維持管理が困難になり、墓じまいする人が増えているとい […]

  • 2020年9月6日
  • 2020年9月3日

永代供養付きの自然葬や墓じまいに注目が集まっているワケ

亡くなった後はお墓に納骨するのがスタンダードだと思われいる日本ですが、墓を守り継いでいる家系の家墓であれば、明治時代からの祖先の遺骨がそこに安置されていることになりますね。 これまでに何人の先祖が亡くなって、家墓に納められているでしょうか。 自分が亡 […]

  • 2020年3月4日
  • 2020年9月15日

骨葬ってなに?火葬との違い

火葬と地域性について 亡くなった人を葬る方法に、かつては土葬(埋葬)がありましたが、現在は法律に則って、火葬が主流になりました。現代では、ほぼ100%の故人が火葬されています。 火葬は、法律の制定で全国的に統一されましたが、葬儀の進行や納骨の方法は、 […]

  • 2020年2月7日
  • 2020年9月15日

お墓を買うか守るか?ではなく墓を持たない選択も

自分が死んだときには、お墓に入るんだろうな…とぼんやり想像している人は多いでしょうが、実は、死後の弔いにお墓は必須…ではない!ことをご存じですか? 高齢化時代から、超高齢時代に移り変わる日本では、年々デイサービス施設が増え、墓地が減少しています。世間 […]

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG