• 2021年2月7日
  • 2021年2月4日

「お墓参りが怖い」という孫の言葉にハッとして (70代女性 無職 大分県 夫婦2人暮らし)

5年前、私の子どもが結婚して孫が生まれ、おばあちゃんになりました。 子育てをしていた時と違って、孫というのは本当に、無条件にかわいいものですね。 子ども世帯は関東で生活しているので、実家に戻ってくるのはせいぜい年1回。盆正月の長期休暇のタイミングで帰 […]

  • 2021年2月6日
  • 2021年2月4日

永代供養のパンフレットがきっかけでした 60代女性 千葉県 ホームヘルパー(パート)

私は、有料特別老人ホームでヘルパーとして働いています。 私は60代でまだ体の不自由もなく、毎日元気に過ごしています。2人の子どもたちは独立してそれぞれ所帯を持っているので主人と2人暮らしですが、主人もまだまだ現役で働いています。 あちらの世界に行くの […]

  • 2021年2月5日
  • 2021年2月4日

家墓を失って途方に暮れていました (60代男性 年金受給者 無職)

お恥ずかしい話ですが、私はこれまでの人生でお金の工面に苦労してきました。 決して散財した訳ではありません。 両親の闘病と妻の病気の治療費を払うのに精一杯だったのです。 祖父母のお墓は公営墓地にあったのですが、私が働き始めてすぐに父の闘病が始まり、次第 […]

  • 2021年2月4日

自分と家族が納得する納骨を考えようと思います (40代男性 会社員 家墓あり)

幼かった頃から社会人になってしばらく経つまで、参列するお葬式がどこか他人事のように感じていました。 ただ、自分も40代の親世代になり、近しい知人や身内が亡くなっていく折にふれ、「私の家族が同じ立場になったらどうなるんだろう」と、おぼろげながら不安にな […]

  • 2020年12月31日
  • 2020年12月31日

身よりがないおばあちゃんの最期を迎える準備のために (大分県在住 40代女性 ソーシャルワーカー)

私は、特別養護老人ホームのソーシャルワーカーとして働いています。 勤務先の施設では、体が思うように動かせないおじいちゃん、おばあちゃんたちの容態を見ながら毎日を過ごしています。 寝たきりになった高齢者に会いに来る家族の様子を見ていると、ほほえましいと […]

  • 2020年12月6日
  • 2020年12月3日

あの世に行ったら別々でも良いですよね と思って (60代女性 熊本県在住)

あの世に行ったら別々でも良いですよね と思って (60代女性 熊本県在住) 20歳になってすぐに主人と結婚して、住み慣れた大分から熊本県に引っ越しました。主人の実家が熊本で、「大分と隣の県だからいつでも里に帰れるだろう」と思っていたんです。 でも、お […]

  • 2020年12月5日
  • 2020年12月3日

永代供養なら子どもたちに迷惑をかけないから (80代男性 大分県在住)

永代供養なら子どもたちに迷惑をかけないから (80代男性 大分県在住) 私の家族、祖先はこれまでずっと「生まれも育ちも佐賀」の者ばかりです。4代続く農家で、私がこどものころは、ずっと3世代同居でした。 祖父母と一つ屋根の下で暮らし、叔父、叔母、いとこ […]

  • 2020年12月4日
  • 2020年12月3日

おひとりさまだからこそ 自然葬を選びました (60代女性 福岡県在住)

おひとりさまだからこそ 自然葬を選びました (60代女性 福岡県在住) 私の実家は大分県にあります。実家近所の共同墓地に家墓もあり、そこに祖父母と両親が眠っています。 若い頃から仕事が楽しくてしょうがなかった私は、これまで一度も結婚することなく、世間 […]

  • 2020年12月3日
  • 2020年12月3日

永代供養をお願いしようと思った理由は(70代 アメリカ在住 女性)

永代供養をお願いしようと思った理由は(70代 アメリカ在住 女性)   日本を離れて、アメリカで過ごした時間のほうが圧倒的に長いはずなのですが、この歳になると「故郷」を懐かしんでしまうものなのですね。 自分が未来永劫、”どこで眠るか”を考え […]

  • 2020年11月21日
  • 2020年11月19日

拝む場所と偲ぶ気持ち 永代供養のススメ 

春と秋の彼岸が近くなると、家族の中でどこからともなくお墓参りの話題が出てくるものです。 ここで、冷静になって一度考えてみましょう。 あなたがお墓参りに行くのはなぜですか? これまでずっとそうしてきたから お墓参りに行かなければ家族に冷たい人間と思われ […]

人気記事ランキングTOP10

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG