TAG

大分

  • 2020年9月29日
  • 2020年9月29日

【自然葬モニュメント完成】永代供養/大分(毎日新聞)

【自然葬モニュメント完成】 <大分市・霊山寺> 死生観や死との向き合い方が変わりつつあるなかで、墓碑を作らず、海や野山、大樹の根元などに散骨する「自然葬」が注目されている。 大分市岡川の霊山寺では、今月から自然葬を始めた。稙田恵秀住職(89)は「自然 […]

  • 2020年9月4日
  • 2020年9月3日

日本の弔い方と永代供養付き自然葬について

現在の日本では、ご遺体をほぼ100%火葬しています。ただ、一般的に火葬が行われるようになったのは明治時代のことです。 歴史的な背景やその時々で変わる事情によって、葬儀、弔いの方法も変化します。 弔いの方法に最も関わるのが信仰宗教や教えです。日本では鎌 […]

  • 2020年5月31日
  • 2020年6月1日

大人の遊び⁉造園ボランティアとは

子供たちが泥遊びに夢中になるように、大人も自然の中で夢中になれることがあります。 ここ、大分市の霊山寺では、造園ボランティア体験を開催しています。 霊山寺とは、大分の中心地から車で30分ほどの距離ですが、1300年という古い歴史があり、 豊後三大寺院 […]

  • 2020年5月2日
  • 2020年9月15日

宗派によって違いはある?お参りのマナー

仏教は、時代の流れの中でいくつかの開祖が誕生し、それぞれの宗派に大別していきました。中でも、日本で檀家が最も多い宗派は浄土真宗と言われています。 平安時代から偉人を含め数多くの住職や修行僧によって繋がれ、人の心の支えとなった仏教の教えは今も語り継がれ […]

  • 2020年4月7日
  • 2020年4月15日

和プロジェクトTAISHIの奉納揮毫とは?

揮毫ってなんて読むの? 答え、、、【きごう】と読みます。ウィキペディアによると、、 揮毫(きごう)とは、毛筆で何か言葉や文章を書くこと。「毫(ふで)を揮(ふる)う」からこの語がある。広義には筆で書かれていればすべて揮毫といえるが、一般には著名人や書家 […]

  • 2020年4月4日
  • 2020年4月14日

お墓の困った!どうする?今どきのあるある事情3選

人生を終えた最期の別れ、お葬式は盛大に。 自分がこの世から旅立ったあとは石墓に入るものだ。 私の遺骨は親族の誰かがずっとお世話してくれるはず。 ほんの数十年前までは、このように考える人が大半だったでしょう。 しかし、それより前は「葬祭場で葬式をするな […]

  • 2020年4月3日
  • 2020年9月15日

一緒にお墓に入るのは誰?どんなお墓?

「お墓に入る」と聞くと、家単位で代々の血族家族の遺骨が納められる家族墓を想像するでしょう。 苗字を墓石に刻んだり、宗派の題目や経文を刻んでいるお墓を見たことがある人も多いはず。 これが最も一般的なお墓のスタイルでしたが、最近では、少子化などでお墓を継 […]

  • 2020年4月2日
  • 2020年9月15日

いまさら聞けない 葬儀のマナーあれこれ

弔辞連絡が来て、通夜または葬儀に参列することになると、「失礼がないように」という気持ちがわいてくるものです。 どんな物を準備すれば良いか、焼香やお参りの作法はどうだったか… これまでに参列した葬儀の記憶をたどってみても、どれが正解なのか分からないまま […]

  • 2020年3月5日
  • 2020年9月15日

エンディングノートのお墓について

いざという時のために寺院や斎場について調べておこう! 自分らしい葬儀で送られたい残された家族が困らないように希望や手続きを残しておきたい。 そんな思いから遺言ノートや葬儀のための遺言を残す人が増えてきました。 遺言ノートを書いたら、それを置いている場 […]

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG