大分涅槃会供養

涅槃会(ねはんえ)供養とは|一般参拝可能のお寺|大分の霊山寺

毎年、2月15日は、お釈迦様が亡くなった日、「涅槃会(ねはんえ)」といいます。

35歳で悟りを開いたお釈迦様は、その後45年間教えを説き旅をしました。

そして、80歳になったお釈迦さまは、旅の途中で病になって亡くなりました。

お亡くなりになる直前、お弟子さんたちに法を説き、深い瞑想に入られ、そのまま「涅槃(ねはん)」=(一切の煩悩から解脱した、不生不滅の高い境地。転じて、釈迦の死。)しました。涅槃に入ると言われます。

お釈迦さまのご命日「涅槃会(ねはんえ)の日」は、全国各地の寺院でお釈迦さまの最期の様子を描いた「涅槃図」をかけて、お釈迦様をしのぶ供養が行われます。

大分霊山寺涅槃会
大分市霊山寺の涅槃会

お釈迦様の最後のお言葉

「私の亡きあとは、私ではなく自分自身をより所として、また私が伝えた教えを、闇を照らすともしびとして、歩んでゆきなさい」

ヒマラヌヤヴァティー河の岸辺にある沙羅の樹の林で、頭を北にし、右脇を下にした形で亡くなりました。

 

涅槃図には何が描かれているの?

人だけでなく動物や植物に至るまで、この世に存在する全てものが、お釈迦様の死を悲しんでいる様子が描かれます。観音さまも見られます。

大分涅槃会供養

右上の雲の上に描かれている人物は、お釈迦さまの生母です。
(摩耶夫人と言います。お釈迦さまの生後7日目に亡くなったと伝えられています。)

お母さまがお迎えに来ている様子が描かれているのです。

お釈迦様が横になっている周りにはえている気は「沙羅双樹(さらそうじゅ)」の木です。
右側の4本は白く枯れています。お釈迦さまが亡くなったことを人間や動物だけでなく、
植物も悲しんでいることを表しています。

涅槃図には、人間の他にも多くの動物や虫が描かれています。

大分涅槃会霊山寺
大分涅槃会霊山寺

 

インバウンドも参加!霊山寺の涅槃会イベント

大分市にある霊山寺の住職 稙田恵秀和尚は、お釈迦様の聖地を巡る旅としてインドを何度も訪問しています。

涅槃会の日は、和尚が訪れたお釈迦様の聖地巡りの動画を放映しながら、ご住職の説法があります。

インドのお釈迦様の足跡を訪ねられた時のインド紀行の映像とともに、ご住職の解説が現地の空気感と人の思いまでを感じさせられます。

涅槃会法要の後は、参加者でお茶会をします。

この日は、日本の涅槃会法要を体験したいと、台湾から4名のインバウンド観光客が霊山寺を訪れました。霊山寺では、海外からの観光客のフォローアップも致します。霊山寺の観光案内、および体験など、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

 

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG