大分霊山寺の花手水

花手水(はなちょうず)|大分市にある霊山寺の手水舎がインスタ映えする理由

これ読める?【手水舎】

お寺の入り口にある手洗い場を何と言うか知っていますか?

手水舎(ちょうずや・ちょうずしゃ・てみずや・てみずしゃ)と言います。参拝者が身を浄めるために手水を使う施設のことです。

昔から、水で穢れを払い身を清める「手水舎(ちょうずや)」。この場所に、綺麗なお花が浮かんでいることを花手水(はなちょうず)といいます。見ているだけで癒されます。

花手水(はなちょうず)は、全国でも珍しいそうです。京都の一部のお寺など、にぎやかなお寺では見られるそうですが、大分県ではここ「霊山寺」で「花手水(はなちょうず)」が見られ、インスタ映えするということで話題になっています。

大分市霊山寺の花手水
大分市霊山寺の花手水

 

この手水舎に花を浮かべるという発想は、京都のあるお寺が発祥らしく、2018年頃、突然インスタで投稿されて、あっという間に話題になりました。

フォトジェニックでインスタ映えするので、

#花手水 #はなちょうず #花手水を探す旅

などのハッシュタグで人気です。さっそく、噂を聞きつけた方々が撮影していました(^^)

 

大分市花手水観光
大分市花手水観光スポット

 

毎週新しい花手水(はなちょうず)が見れる⁉

実は、この花手水(はなちょうず)の生花は、大分市内のお花屋さんからの「献花」です。

大分市中央町2-5-3セントポルタ中央町 コメダ珈琲前にある「STANDARD FLOWER」さんから毎週献花されています。

https://www.standard-flower.com/sp/index.html

代表の小平悌二朗さんは、

「私たちの取り扱うお花が、参拝者の癒しになれば幸いです」といいます。

毎週1度、献花して頂けるので、季節ごとに楽しめるだけでなく、毎週ちがう花手水(はなちょうず)が楽しめるのは、ここ大分市にある「霊山寺」だけかも知れません。

大分のはなちょうず
大分のはなちょうず
大分霊山寺の花手水
大分霊山寺の花手水

#観音香華流(かんのんこうげりゅう)

花手水(はなちょうず)をディスプレイしてくれるのは、檀家のSさん。

Sさんは、お花好きで若いころに「華道」を学んだこともあるとか。

霊山寺のご本尊が「十一面観音菩薩」ということで、「観音香華流(かんのんこうげりゅう)」という家元?を作りました。完全な趣味ですが、Sさんの茶目っけある流派を楽しめます。

もし、あなたが霊山寺の花手水(はなちょうず)をSNSで投稿する際は、 #霊山寺大分 #花手水 とハッシュタグ#を付けてくれるとSさんが喜ぶでしょう。(笑)

観光という字の由来

「観光」とは仏教用語と言われています。

観光という言葉は、光を観ると書きます。一般的な解釈は、旅行をして景色などを見物することですが、もともとは、
観音菩薩の光を観ることだとも言われています。

そうです。霊山寺の本尊は秘仏「十一面観音菩薩」。

大分市の観光名所として知って欲しい場所の1つです。
また、松平忠直が創建した
大分市指定文化財の山門は歴史的な建築物。

飛来山の山門
飛来山の山門

さらに、大分市を一望できる眺めは登山客にも人気で、夜は夜景の名所としても有名です。

大分の夜景スポット
大分の夜景スポット

 

 

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG