大分から離れて暮らす両親

故郷から離れて両親のこれからを想う

故郷から離れて両親のこれからを想う

東京在住50歳 会社員

私は、高校を卒業してから、大分を離れてずっと県外で働いています。

現在は東京で妻、子供らと暮していて、この先もずっと東京で暮らしていくつもりでいます。

「実家がある大分に戻ってこないのか?」と知人に聞かれることも、これまで度々ありました。

しかし、仕事が生活の基準になってしまった今となっては、今の暮らし方を変えて大分に戻ろうという気にはなかなかなれません。

本当は、両親のためにもそうした方が良いとは思っているのですがね。

大分県人会

老齢になった両親の身が気がかりで

私の父は現在80歳。母は75歳になります。

「自分の両親はずっと元気でいる」とどこか思い込みたい自分がいました。ただ、家庭を持ち、子どもを育てて、気が付けば50歳になり…。自分でも「歳を取ったな」と感じるくらいですから、両親が老いていくのは当たり前ですよね。

最近、父が肺炎を起こして以来、入退院をくり返しています。

80歳にもなると、それまでいくら元気に過ごしてきたといっても、病気の直りはやはり私たちよりもずっと良くありません。

「老々介護」というらしいですが、入院している間はずっと、母が看病や身の回りの世話をしています。今はまだ、母がお世話のできる状態ですから、それが何よりなのですが。

この先、父がずっと床に伏せったり、母が体調を崩してしまうことがあったら…と、老い先両親の心配が現実的なものになってきたと感じるようになりました。

 

両親のこれからに対する不安

大分から離れて暮らす両親

実家には両親が2人で住んでいます。家墓もあり、手入れや掃除、管理がどのようになっているのか、コロナ渦で1年ほど実家に戻れていない身としてはやはり気がかりです。

とはいっても、私の日常生活はやはり東京が基準です。家も購入し、子どもたちもずっと東京で育ち、大分に戻って生活をするのは私にとって現実的ではありません。

両親を東京に呼ぶことも考えましたが、両親が守ってきた家やお墓、近所の人や暮らした環境を、今さら変えようとは思えないでしょう。

どうにもならない不安ばかりを感じて、前向きな解決策はないものかと悩む日々が続いていました。

 

父母の将来を「自然に委ねる」という方法

両親が大分を離れられないのと同じように、私も将来を東京で過ごしていくのがベストだと思っています。

今の生活を変えないまま、両親も自分も納得のいく将来はないものか…。そう思っていた時、大分の知人から「自然葬」の話を聞きました。

詳しく聞くと、お寺で永代供養をしてくれる、そして先祖のお墓もお世話をしてくれるということでした。

生きている間に一緒に生活することが、家族として大事だとは思っています。ただ、地方で生まれ育った場所があり、その土地に戻らない決意をした以上は、将来に向けて未来永劫、安心して両親が大分に居続ける方法を選ぶのが良いと思うようになりました。

 

これで、東京に住むことも、両親への想いも遂げられるような気持ちになりました。

これから、両親と具体的に、前向きに話し合って行こうと思います。

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG