自然葬永代供養

震災がきっかけで自然葬をお願いすることにしました (福岡県在住 70代男性 無職)

ここ10年くらいの間に、日本全国で自然災害が起こりましたよね。

特に九州では、豪雨や地震といった、人の力では止めようもない災害が本当に多くありました。

正直、一度自然災害が起こると、どうしようもない疲労感と虚無感に堕ちます。「人間って無力だ」と感じるんです。

当たり前だった毎日も、暮らしていた環境も、いっぺんに、しかもあっという間に消し去ってしまうんですから。

震災自然葬

震災でお墓を失いました

昨年前の夏、福岡ではとんでもなく大きな水害に見舞われました。

その前には隣県の熊本で大地震があり、私が住んでいる山あいの村も、何度も揺れて怖い思いをしましたよ。

地震で地盤がゆるんでいたのでしょうか、集中豪雨があった時に、村は数時間の間にあっという間に川の水に飲み込まれてしまいました。

住んでいた家も、作業していた畑も一気に押し流されて、車や電柱柱が町の中を流れていくさまを見た時は、本当に「この世の終わりだ」と思いましたね。

町中泥だらけで、自分がどうやって生きていこうかと途方に暮れていた数日が経って、先代から守ってきた墓石も無くなったことに気づきました。

お墓のあった場所が山の地すべりで埋まってしまい、近づくことさえできませんでした。

1ヶ月ほどたって、復旧作業が進んでやっとお墓があった場所に行けるようになりましたが、更地にしたかのように何にも残っていなかったんです。

何とか遺骨を探し出そうと、いろんな人に協力してもらって、半年後に骨壺を見つけました。でも、正直言ってお墓をまた建てるお金の余裕もありません。

だって、今でも住む家に困っているほどですから。

永代供養墓で法要をお願いすることに決めて

 

自然葬永代供養

お墓のことはもちろん気がかりでした。自分の両親が眠っているお墓に、当然自分も入るもんだと思っていましたからね。

でも、そのお墓が無くなってしまったのですから、もうどうしようもありません。

遺骨を手元に持っておこうかとも思いましたが、その骨は子どもにいずれ委ねることになるわけで。

「いつかどうにかしなきゃならないのなら、私が責任をもって弔う方法を選ぼう」と考えて、近所の人にも相談しました。

そこで、自然葬という方法を教えてもらったのですが…初めは気が乗りませんでした。知らない人の遺骨と将来混ざるのはいかがなもんか。

でも、よくよく考えれば、災害で遺骨を見つけられなければ地に埋まったまま、なわけですし、亡くなった方の遺骨をお墓にしまい込んで奉るのも、現生の人間のエゴなのかもしれない。そう思って、永代供養をお願いできる墓地に遺骨を納めました。

 

豪雨の災害に遭って、自分の命のことも考えるようになって、その尊さや弔いの考え方が、この歳にしてものすごく変わりました。

墓守を一代先の身内責任にして死んでいくより、気兼ねなく故人を弔いながら生きていくほうが、先代の家族も生きている家族もみんな幸せなんじゃないですかね。

ですから、「私が死んだ時も同じ墓地で自然葬をしてくれ」と息子に伝えています。

今じゃ、「墓参りに帰ってこい!」と県外に住んでいる息子に無理強いしていた頃より、気持ちが晴れやかです。

大分の永代供養付き自然葬

霊山寺の自然葬~永代供養で土にかえる埋葬

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG