大分嫁姑問題お墓

あの世に行ったら別々でも良いですよね と思って (60代女性 熊本県在住)

あの世に行ったら別々でも良いですよね と思って

(60代女性 熊本県在住)

20歳になってすぐに主人と結婚して、住み慣れた大分から熊本県に引っ越しました。主人の実家が熊本で、「大分と隣の県だからいつでも里に帰れるだろう」と思っていたんです。

でも、お姑さんはなかなかそれは厳しい人で、家事や子育てのいろんなことで馬が合わない方でした。もちろん、里帰りをしたいと言っても「うちに嫁がせてやったのに、大分に戻るなら二度とこの家には帰ってこれないと思え」と罵声をあびせられたこともありました。

それから、介護が必要になった姑のお世話を、文句を言われながら8年続けました。昨年、その姑は亡くなって、1年経ってやっと普通の”自分”の生活に戻れた気がします。

私の友人は、嫁姑問題なんか全くなくてとても仲良しなんです。私もそんな関係を姑と築けたらこんなことを考えなかったかもしれません。

嫁姑問題自然葬

私はあの姑のそばに嫁としてずっといるのか

亡くなってしまった人のことを、いまさらどうこう文句を言うつもりもないですが、自分がされたことって、受け入れるまでにどうしても時間がかかるんですよ。

「あの時はこんなことを言われて傷ついた」なんてグチを主人にこぼす日がしばらく続いていました。

1周忌が終わった時、主人が「おれたちもいずれここ(お墓)に入るんだからきれいに建て直すか」と言ったのです。

その時とっさに「冗談じゃない!自分があの姑と一緒に入る墓をわざわざきれいにするなんて」と思いました。

姑が納骨されたお墓は、江戸時代から続いているらしく、主人のお父さんも先にそこへ納められています。

先祖がどんな人たちだったもわからないようなお墓に私が入れば、あの世に行ってもよそ者扱いされそうで、ずっと嫁のままなんじゃないか…

そう考えただけで、正直、途方に暮れました。

自由になりたくて自然葬に

大分嫁姑問題お墓

亡くなった人を良く思わないなんて、「人間が出来ていない」と思われるかもしれませんね。特に、今どきの人はあまり家族のトラブルを抱えていないように見えます。

核家族が当たり前になっているからなのでしょうか。二世帯同居の経験がある人の方が少ないのではないかしら。

でも、一昔前の世代の女性で、私みたいな考えをする人は、少なくないと思いますよ。

「あっちの世界に行ったら自分の好きなようにしたい」って。

主人は、家墓に入るのが当然だと思っているようですけれど、私は子どもたちにこっそりと、「自分の遺骨を故郷の大分で永代供養してほしい」と伝えています。

生前申込ができると聞いたので、主人に内緒で申し込んでしまいました。

子どもたちには、家族のいざこざは見せたくなかったのですが、私がガマンして済むようなものでもなく、その様子を嫌と言うほど見てきていました。なので、始めは「縁起でもない話を…」と言っていましたが、きちんと話をして快く後の手続きを引き受けてくれました。

姑として、妻として、母として、もう十分に尽くしましたから。あちらの世界では自分が好きな所で、好きなように眠らせてもらいたいと思っています。

霊山寺の自然葬~永代供養で土にかえる埋葬

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG