大分農家墓じまい

永代供養なら子どもたちに迷惑をかけないから (80代男性 大分県在住)

永代供養なら子どもたちに迷惑をかけないから

(80代男性 大分県在住)

私の家族、祖先はこれまでずっと「生まれも育ちも佐賀」の者ばかりです。4代続く農家で、私がこどものころは、ずっと3世代同居でした。

祖父母と一つ屋根の下で暮らし、叔父、叔母、いとこもみんな近所に住み、若い頃は一家総出で畑仕事に精を出したものです。

裏山にある家墓には、毎日のようにお参りにいき、季節法要や月命日には、たくさんのお供えものを買って、みんなで茶菓子にしていただきました。

それが当たり前だとずっと思っていましたので、私の子どももみんな当然に農家を継ぐものだと思っていました。

しかし、2人の子どもはスーツを着て全国を飛び回るようなサラリーマンになり、同居するどころか、社会人になった途端に県外で生活を始めました。

時代は変わったのですね。

身内が一人、また一人といなくなって

佐賀自然葬

私は4人兄弟の次男で、長男が家を継いで農家を続けていました。

長男のところの子は女の子一人。「婿でももらってくれれば安泰だ」という長男の希望が叶って婿さんが農業を継いでくれていました。

ほどなくして離婚。長男の娘には女の子がいますが、「農業と家に縛られるのはいやだ」と、実家に寄り付かなくなりました。

そんな折、私の家内が病気で療養の末に亡くなり、私の兄弟たちもこの5年の間にみんな旅立ってしまいました。

長男のお嫁さんも病気を患って長いこと入院し、あんなににぎやかだった実家は、家継ぎどころか誰も出入りする人がいない家になっています。

私も糖尿病の合併症のせいで目と足が悪く、車いす生活をしているので、裏山の家墓も荒れ果て、お参りにも上れず、掃除も存分にできません。

人の手を借りることは悪いことじゃない

大分農家墓じまい

家のことは、これまで何でも家族だけでやってきました。それが当たり前だと思っているから、「墓守も家族でやらねばいかん」と思い込んでいました。

ある日、テレビを見ていて、墓掃除やお参りを代行してくれる会社があるのだと知りました。始めは「金儲けのために節操のない仕事だ」と思いましたよ。「そんな大事なことを人任せにしてけしからん」と。

でも、いざ自分の今の姿を振り返れば、墓参りに行きたい気持ちがあっても出来ていない、これから先も車いすでいけない、ということは、、、墓参りを放棄しているのと一緒なんですよね。

長男の子にも「跡継ぎだ」といって墓守をさせるのもかわいそうだし、あの子の人生もあるわけだから、裏山にある一族のお墓を閉じて、みんな一緒に弔ってもらえるところにお願いすることにしました。

裏山の景色に似た自然葬墓が、隣町に出来たんですよ。

静かで本当に良い所です。そこに、あの世で待っている家族には先に入ってもらって、お参りにもちょくちょく顔を出して。そのうち一緒に眠らせてもらおうと思います。

 

霊山寺の自然葬~永代供養で土にかえる埋葬

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG