日本の自然葬

永代供養をお願いしようと思った理由は(70代 アメリカ在住 女性)

永代供養をお願いしようと思った理由は(70代 アメリカ在住 女性)

 

日本を離れて、アメリカで過ごした時間のほうが圧倒的に長いはずなのですが、この歳になると「故郷」を懐かしんでしまうものなのですね。

自分が未来永劫、”どこで眠るか”を考えるきっかけになったのは、主人の死と向き合った、闘病中のことでした。

 

私の家と私の家族のこれから

日本の自然葬

ずっと長らく住んでいるマイホームは、アメリカ人の主人が両親から受け継いだものです。今は主人も、家をゆだねてくれた両親もなくなり、子どもたちも独立して私が一人で住んでいます。

20代の若い頃に、日本留学していた主人と出会い、結婚して、本国に戻る主人と一緒にアメリカへ移住しました。それ以来、引っ越しをすることもなくずっと、このアメリカの家に住み続けてきました。

新婚生活も、子育ても、親子げんかも…いろんな家族の思い出が全てつまったような、私にとってかけがえのない場所です。

アメリカに住んで50年、人生の大半を過ごした主人が病床に伏し、「このアメリカの地で、主人がいなくなってしまったあと、私はどのように一人で過ごすのだろう」と物思いにふけるようになりました。

病院で看病をしている間は、主人の容態に一喜一憂する毎日で、心の余裕もありませんでした。数ヶ月の闘病期間があって、主人は息を引き取りました。

子どもたちにもそれぞれの家庭がありますが、長男が一度は「生まれ育った家でママと一緒にまた暮らそうか」と言ってくれたこともあります。

ただ、自分がどこで安置されたいかと考えた時、「日本がいい。日本に戻りたい」と思いました。

 

遺骨を日本に送って永代供養をしてもらいます

日本の永代供養

アメリカの葬儀は、遺体に特殊な加工をして、亡くなったままの状態でお墓に安置します。火葬はほとんどしないのだそうです。

ずっとそこに体はあるし、眠っているのと変わらない感覚なんですよね、きっと。

まるで遊びに行くように墓地を訪れて、その前で語らう人の姿をよく見ます。

日本で育った私には、この弔いにいまだになじめません。最愛の主人にいつでも会いに行ける安心感はあるくせに、自分がいざ、そうなった時に「だれも会いに来てくれなかったら寂しい」と思ってしまいます。

ならばいっそ、心の中でいつでも思い出してもらえるだけでいい。そう思うようになりました。

そして、「国によって葬儀や遺骨の扱い方が違うように、人それぞれで自分が望んだ弔いを受けてもいいよね。私は日本に戻って、輪廻転生にゆだねたい」と子どもたちに伝えました。

子どもたちも私の思いをくんでくれ、日本の葬儀サービスで永代供養の手続きをすすめました。私の命が消えたら、私の体も自然に還す手はずを整えるように、子どもたちにお願いしています。

霊山寺の自然葬~永代供養で土にかえる埋葬

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG