永代供養

永代供養をお願いする寺院の選び方3つのポイント

歳を重ね、生きている時間が長くなるほど「生き死に事は大変!」と感じませんか。

子や孫が生まれるのは、あらかじめ準備と心構えができますが、近しい人の不幸は突然やってきます。

また、親族として葬儀を取り仕切る場合、「初めてのことだらけで何からすればいいのかわからないまま終わってしまった」という人も多いようです。

葬儀が終わってひと段落、四十九日を迎えて遺骨を納骨するのが一般的な流れと言われますが、お墓がない人にとって納骨は切実な問題です。(ここでは手元供養のケースを除きます)

自然葬

永代供養・自然葬を行う寺院の選び方1:料金

永代供養(自然葬)は、これまで付き合いがないお寺でも、迷わず気軽に供養をお願いできるのがメリット。

檀家に入っている寺院で法要・供養をお願いする際は、そのたびに供養料やお布施が必要となりますが、永代供養をお願いする場合は、納骨式後の定期的なご供養がすべて料金に含まれます。

料金が安いからといって粗末に扱われるわけではありません。

料金の差は、法要の回数や設備によって変わってきます。

料金の安い高いにとらわれず、いろんな寺院を比べて見てみましょう。

永代供養・自然葬を行う寺院の選び方2:サービス・施設(重要)

寺院によっては、室内に納骨墓を設けているところもありますし、屋外の自然に囲まれた山間にシンボルを建ててそこに納骨する場合もあります。

寺院に行ってお参りする時は事前の予約が必要か(24時間いつでもお参りできるのか)、個別の法要はお願いできるか、戒名は付けてもらえるのかなど、必要に応じて受けてもらえるかどうかも重要です。

永代供養・自然葬を行う寺院の選び方3:場所 全国に受入れ寺院があります

永代供養

「遺骨はお墓に納骨して、未来永劫、お寺さんに任せられると安心だなあ」という想いが大半の方の本音でしょう。

しかし、うちにはお墓がない、お世話になっていた住職も良く知らない、何をどうすれば良いのか全く分からない…という家族は不安を募らせるばかりです。

そんな方はまず、永代供養を行う近くの寺院を調べてみましょう。

宗派にとらわれず、永代供養を執り行う寺院もあります。

故人の思い出の地、自然葬にうってつけの景色景観が素晴らしい所など、特徴から供養をお任せする寺院を選ぶ方もいます。

永代供養は、遠くてお参りに行けなかったお墓参りの悩みを、解決するきっかけになるかしれません。

また、これから誰かに自分の遺骨のお世話をお願いしようと考えている方にとっては、ご自身の好みにあった寺院を選べるメリットもあります。

寺院ネットワーク・お坊さんジェーピー公式ページ
https://www.ever-jp.com/eitai/index.html
就活ねっと公式ページ
https://syukatsulabo.jp/article
『これからの「葬儀」の話をしよう』瀧野隆宏著 毎日新聞出版2018年出版

霊山寺の自然葬~永代供養で土にかえる埋葬

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG