霊山寺の自然葬

永代供養への意識変化 先祖の祭祀から故人の祭祀へ(自然葬へ)

あなたは、将来自分が入ることになるかもしれないお墓がありますか。

先祖の遺骨が何代も納められている家墓がありますか。

そのお墓に自分が将来入ることに、わずかでも疑問や不安を感じたことがありますか。

 

火葬文化の背景と供養の方法

日本でお墓に遺骨を納めることが当たり前、と言われるほどになったのは、明治時代に火葬をする法律が定められたから。

そして、火葬を行うための法整備がなされたのは、墓地減少という切実な問題が元だといわれています。

葬儀が終われば火葬場に行く。

現代人のどの葬儀でもこれが一般的な流れです。宗派を問わず、火葬は今や慣習ではなく、日本人にとって疑いようのない文化といえます。

ただ近年では、火葬が行われた後に「お墓に納骨する」以外にも、弔いの選択肢がたくさん出てきました。

特に、永代供養を行う方法・種類が増えてきているという点に注目すべきでしょう。

 

家族や集団のカタチが変化し個人重視型に

自然葬の意識

ひと昔前のまだ日本の経済が好景気だった頃。

世帯主の働き方によって家族の住む場所が変わったり、単身赴任によって家族がバラバラに生活することになったりする世帯が急増しました。

親子孫世代が一緒に毎日を過ごすのが当たり前だと思われていた時代から、家族のかたちが大きく変わったタイミングだといえるでしょう。核家族化のスタートです。

さらに現在、親子ですら生活を共にしない単身世帯が珍しくなくなりました。

そこから、成人しても未婚のまま、一人暮らしを続ける人が正に今増え続けています。

経済とともに、家族や企業といった集団単位が徐々に個に向かっています。

日常生活を1人、または離れた家族それぞれで送ることに慣れた先に、「この世を去ったあとの自分」に対する考え方も、家族単位ではなく個人が中心になるのは時代の流れのように思えます。

家墓があっても入らない選択

決して家族を軽んじているわけではなくても、

将来的に先祖から続く家墓に自分の遺骨が納められることに対して、どこかわだかまりを感じているから、墓に入る以外の選択肢が求められているのかもしれません。

死後にも自分が納得のいく弔い方を、趣味や好みなど今の自分に照らし合わせて選べるようになってきました。

たとえば散骨や樹木葬、寺院に亡き骸を任せて後々合葬をしてもらう納骨堂なども、おひとりさまになるかもしれない自分の終の棲家(ついのすみか)として、また時代の流れに合ったニーズとして、ふたたび注目されているのでしょう。

永代供養の選択

墓地の不足や家墓の承継問題などから、最近では墓じまいをする人も増えてきました。

墓の存在か、先祖の供養か。どちらを尊重して選ぶのか迫られているようにも見受けられます。

死を後ろ向きなものととらえずに、自分と家族と周りの人のために、生前のうちに弔いについて話し合いの時間を持つことが、今の時代にもとめられていることかもしれませんね。

霊山寺の土に還る自然葬(永代供養)の選択肢とは↓

霊山寺の自然葬~永代供養で土にかえる埋葬

 

参考資料

『小さな葬儀と墓じまい』 大野やテレホンセンター監修 自由国民社出版2016年

『〈ひとり死〉時代のお葬式とお墓』小谷みどり著  岩波書店出版2017年

『だれが墓を守るのか』~多死・人口減少社会のなかで~ 小谷みどり著 岩波書店出版2015年

『あしたはワタシのお葬式』まついなつき著 NHK出版2002年

 

 

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG