永代供養自然葬

遺骨の粉骨代行を利用するメリット

ご遺骨の粉骨代行を行う事業者があるのをご存知ですか?

お墓に納骨をせず手元供養を行っていたり、墓地の空きを待っているけれどなかなか上手く手配出来ない方が、自宅保管のご遺骨自然葬で弔う場合に、頼れるサービスです。

親族や親しい方の遺骨に手を加えるのが忍びない…と感じる人もいらっしゃるでしょう。

しかし、お墓に納骨した遺骨も時がたてば(三十三回忌が一般的ですが)土に還すための施しを行うのが一般的です。

そこで、(土に早く還すことができる)粉骨のメリットを紹介します。

骨壷サイズを小さくできる

亡くなった方の葬儀を終え、火葬を行った直後に収骨をしますが、骨壺の大きさが関東と関西では異なります。

関東では、遺骨を全て骨壺に納めてもちかえります(全量収骨)。対して関西では5寸の骨壺に頭など主な部分の遺骨を入れて、残った遺骨は斎場(火葬場)で引き取って供養します。

分骨や収骨でもめた経験がある方もいるようですが、関西ではすべての遺骨を引き取らないので、そもそも問題にならないようにも感じます…。

全量収骨した遺骨は、見える場所に置いておくと結構な存在感を感じる大きさがあります。それを粉骨すれば、骨壺そのもののサイズを小さくすることができます。

納骨堂などに置いておく場合は、安置するスペースが限られているので粉骨が必須となるでしょう。

衛生面の安心感を得られる

大分永代供養自然葬

改葬や墓じまいをする際は、お墓に納骨した遺骨を取り出します。この時に骨壺のなかの状態を確認しておきましょう。

骨壺から遺骨を取り出して砂利のうえに置いていれば、納骨してからの年月にもよりますが骨が小さく砕けて土に還っているかもしれません。

しかし、納骨室は湿気があり、バクテリア菌などが付着しています。この場合、粉骨の作業を行う前に乾燥する工程が加わります。

水分を含んでいると、パウダー状に細かくする事はできません。また菌の温床となってしまうので、手元供養は衛生面を考えると難しくなります。

火葬を行った後、お墓に納骨をしていなければ乾燥状態は比較的保たれますが、代行業者であれば、ここできちんと遺骨の状態を見て乾燥、UV除菌など必要な処理も行ってくれます。

遺族の心情に配慮して処理をしてくれる

大切な人が遺骨になったとしても、やはり愛情から「骨を砕くなんてかわいそうだ」と思う方がいます。

火葬後に収骨する時、骨壺へ押し込むように骨を収めることもあります。亡き人の遺骨を遺族の手で細かく砕くことが、本当の意味で弔いと呼べるのかもしれません。

しかし、人の手で簡単に砕けるものでもないのです。力と時間を要します。特に高齢の方にとってはまさに、骨の折れる作業なのです。

代行業者へ依頼すると、他の遺骨と混ざらないように細心の注意を払い、特殊な機械を使って粉骨してもらえます。

遺骨を送って粉骨依頼も可

永代供養自然葬

多くの業者が、遠方からの依頼にも答えられるように郵送で粉骨を受け付けています。

遺骨を抱えて公共交通機関を使い移動するのは、少しばかり勇気が必要ですよね。

郵送なら、自宅まで遺骨を受け取りに来てくれるので、持ち込む手間も不要です。

業者専用の送骨セットには、配送に必要なものが全て備えられていて、申込後に指定の住所へ郵送してくれます。

申込の際は、身分証明書や火葬(埋葬)許可証の写しなど、遺骨の他にも準備する書類がありますので、もれがないようにしておきましょう。

ただ、民間の宅配業者がどこでも集荷してくれるわけではなく、遺骨を送れるのはゆうパックだけのようです。

また、代行業者によっては、破格の値段を提示して大切な遺骨を粗末に扱ったりするケースもあるようです。

”安かろう悪かろう”では、故人を偲ぶ心も満たされません。サービスの内容や手厚さ、遺族への気遣いなど、一通り調べてから選定することをオススメします。

粉骨サービスあります。

永代供養付きの自然葬が大分にあります。(世界中から受け付け可能)

霊山寺の自然葬~大分の自然葬なら1300年の歴史をもつ飛来山霊山寺へ

 

 

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG