大分自然葬

急増する永代供養墓とは一体なに?

自然葬に納骨堂… 急増する永代供養墓とは一体なに?

近年、日本全国でいろんな特徴をそなえた霊園や納骨堂が増えてきました。

墓地が不足している東京など首都圏を中心にして、近年ではビル型の納骨堂が増えはじめているようですが、その傾向は地方にも広がりつつあります。

これまで、亡くなった方は墓地にお墓を建ててそこに入るものだという、いわば”一般的”な流れが変わってきた理由もさまざまですが、そもそも、自然葬・納骨堂とは何か?をここで改めて振り返ってみましょう。

自然葬・納骨堂=永代供養がセット

大分の自然葬

自然葬・納骨堂といっても、お寺の中に新しい建物が建てられる場合や、霊園に納骨できるスペースを確保する場合など、見た目やスタイルは多岐にわたります。

また、その呼び方も”合祀墓(ごうしぼ)”や”合葬墓(がっそうぼ)”、”合同墓(ごうどうばか/ごうどうぼ)”などまちまちです。

ピンピンコロリという言葉が登場するほど、現代の高齢者は健康寿命が長くなりました。

人生の終わり方を自分で決めておく「終活」をする人も増えてきていますが、「終活」について書かれている雑誌などによれば、永代供養とは

「寺が続く限り、永代にわたって供養されるお墓のこと」

と紹介されるケースが多いです。

よく「納骨堂」や「合葬墓」といった言葉と併記されていますが、これはいずれも形を表す言葉であって、永代供養=永代にわたる供養を行うための契約を結ぶ(概念)だといえます。

遺骨の居場所となる合葬墓

全国にある自然葬のシンボルツリーや納骨堂のように、近代的なイメージや景観、環境にこだわったものは少なかったでしょうが、その昔から心ある寺院には合葬墓が存在していました。

檀家が墓を継ぐ代が途絶えてしまえば、その家の遺骨は居場所が無くなる、いわば無縁仏なので寺でまとめて救済しようと作られたのが合葬墓の始まりです。

核家族化が進み、単身世帯が増え、家系がお世話になった檀家もわからない。自分がこの世から居なくなった後の世継ぎに不安を感じる人が増えてきました。

お墓が持てずに、家で遺骨を保管している人も少なくないといいます。遺骨をどう扱っていくのかという不安と、遺骨を任せてずっと供養してもらえる安心感の両方を叶えられ、遺骨の居場所として今の時代に見直されてきたということでしょう。

お参りに来る方のためのシンボル

亡くなった親族を火葬し、その遺骨は家墓に納骨する…。

当たり前だと思われていた先祖弔いの形も、時代の流れに沿って変化しつつあります。

その変化に注目が集まり、流れが転換し始めたのが正に今でしょう。

かつては、先祖を手厚く法要しているかどうかを、墓石の大きさや墓地の広さ、献花の華やかさと行き届いた手入れの具合で計っていたところがあったようです。

遺骨(亡き骸)に向かって手を合わせることの意味は、故人に対する「生前はお疲れさまでした」であり、亡き人を思い返して自分の命を考える時間にもなります。

お墓参りに対する思いは、「亡くなった人のためのものであり、同時にお参りに来る人のため」と移り変わってきているように感じます。

大分自然葬霊山寺

自然葬が人気の理由とは?

静かにそっとお眠り下さい また会いに来るね

一家の長子が家を継ぎ、そして墓を継ぐ…。

継ぐ側の立場である子ども世代だけでなく、継いで欲しいと願う親世代の意識も「自由な意思」や「自分らしさ」に傾きつつあるようです。

法要やお墓参りも、墓石に向かってお参りをする、というよりは、墓石のあるなしにかかわらず遺骨がある場所へお参り(会い)に行き、先祖に感謝を届ける、という気持ちのほうが重要視されてきているようです。

自然葬が人気の理由は原点回帰です。

いろんなお墓のかたちがあったとしても、先祖を思う気持ちはきっと皆同じでしょう。

皆さんの事情や境遇、これから将来に向かって先祖のお参りをする時のことも考えながら、親族や周囲の方がより良いと思える居場所を選びましょう。

霊山寺の自然葬はちょっと違う理由

大分県大分市にある古刹「霊山寺」。

大分市内では初めてとなる本格的な「自然葬」があります。

霊山寺の「自然葬」はちょっと違います!

ココが違う霊山寺の自然葬

①本当に「土」に還ります

全国各地の代表的な「自然葬」は「樹木葬」。その多くは1本のシンボルツリーのまわりにコンクリートの部屋を作り、その中に骨壺を納めます。この方法は土に還ることはありません。一方、霊山寺の「自然葬」は、遺骨を土に収め、聖域と呼ばれる霊山の山へ還ります。

②また会いに来れる

シンボルは観音様だからいつでもお参りができる

霊山寺の「自然葬」は、観音様の足元の土に埋めます。完全に遺骨が自然の土に還るのに数年の年月がかかります。残された家族や子孫は、ここの観音様にお参りにくれば先祖と繋がることができます。

③「観音塚」に眠る

霊山寺の自然葬は「合葬墓」というより、遺骨が土に還るので霊山の山の一部になるイメージです。つまり、観音さまと一緒に眠ることができるので「観音塚」と言えます。

詳しくは↓

霊山寺の自然葬~大分の自然葬なら1300年の歴史をもつ飛来山霊山寺へ

 

参考

『いまどきの納骨堂:変わりゆく供養とお墓のカタチ』井上理津子著 2018年小学館出版

『お墓どうしたら?辞典 お墓をめぐるあらゆる問題で悩んだら最初に読む本』小谷みどり監修 2015年つちや書店出版

『安心できる永代供養墓の選び方』 小原崇裕著 2014年草思社出版

photoAC

 

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG