家墓を建てない「永代供養」の選択 納骨堂・樹木葬

家墓を建てない「永代供養」の選択 納骨堂&納骨室そして樹木葬、自然葬

ここでは、永代供養の代表「納骨堂」「納骨室」「樹木葬」についてお話を進めていきます。永代供養を検討している方はぜひお読みください。

ただ、民間と公営、宗派の違いや、その場所ならではの特徴など比較しきれないこともたくさんあります。こちらの情報を参考に、お住まいの近くにある永代供養ができる霊園・寺院を検索して調べてから、現地確認することをおすすめします。

専用施設一角に収蔵する「納骨堂」について

遺骨を入れた骨壺を、民間企業または市町村が公営管理する専用の建物に収蔵する方法です。

納骨堂に遺骨を預けるメリットは、お墓を持たない人が新たに墓石や墓地を準備する必要がないことです。近年、深刻な墓地不足と墓守不存在が社会的にも問題になっていますが、これらの問題を解決しながら出費も抑えられます。新たにお墓を建立するよりも費用は安くなる場合が多いのが特徴です。

屋内のスペースに安置されているので、お参りに行くときの天候を気にする必要もありません。その建物内でお参りすることができます。民間企業が経営する納骨堂は、アクセスを考慮して駅や高速道路インターチェンジ、主要道路に近い場所にあるものが多いのも特徴です。

特に民間の企業が経営する納骨堂はサービス面でも充実しており、お花やお供え物などお参りに必要な品を販売しているところもあります。施設屋内のため、煙の出る線香やろうそく、食べ物のお供えなど、消防・衛生上の制約があるかもしれません。また、お参りの時間や人数に制限があるかもしれないので、事前に確認をしておきましょう。

納骨室について

一方、納骨室とは、納骨堂とは違い、本堂などの建物の中の一室を納骨室として使用してます。

例えば、大分市にある天台宗霊山寺では、本堂の一室を納骨室となっています。つまり、観音様(霊山寺では十一面観音菩薩、不動明王)と同じ空間に収蔵されています。この空間(本堂)では、毎月法要が開催され、座禅会や瞑想会、奉納演奏会など、様々なイベントが開催されています。

本堂は、24時間365日開放されているので、いつでもお参りできます。法要やイベントにも参加できます。

特別な空間に眠る選択も有り!ですね。

屋外シンボルの下に収蔵する「樹木葬」について

樹木葬は、骨壺を暗いお墓の中に閉じ込めず屋外のシンボルの下に埋葬する方法です。シンボル(墓標)に樹木を植えているので「樹木葬」と呼ばれています。
(樹木の根元やその周りの花壇、庭園に埋葬する場合もあります。)

一人単独・夫婦二人など区画が分けられているスペースに植樹するケースもあれば、シンボルである大樹の周りをかこむように埋葬する合同墓、遺骨を最初から複数いっしょに埋葬する共同墓のケースもありタイプはさまざまです。

樹木葬を扱う霊園、寺院によって異なりますので、事前に確認をしてみましょう。

実は樹木葬には2タイプあり、一つは遺骨を骨壺や埋葬袋などに入れてシンボル樹木の下に埋葬する方法。もう一つは、シンボルとなる樹木があるものの、その下に納骨場所を作って(カロート)納骨し、石碑を上において後に合葬墓に移る方法です。

埋葬すれば骨は地中で自然に還るので、自然葬手段の一つであるといえます。一度埋葬してしまうと後から回収、取り出しは出来ない点は注意しておきましょう。
カロートに納骨するタイプは屋外納骨堂という捉え方でいいでしょう。カロート内にある遺骨は自然に還らず、後に合葬墓で合祀される場合があります。この場合は、骨は自然には還ることはありません。「自然葬」ではないことに注意が必要です。

参考資料 文献
納骨堂事典
・『オレンジページOTONA生活科 これから「お墓」どうしよう?!』小倉厚子著 (株)オレンジページ2008年出版
・『自然葬のススメ』島田裕巳監修 徳間書店 2015年出版
・『小さな葬儀と墓じまい』大野屋テレホンセンター監修 (株)自由国民社2016年出版
しげあきさんによる写真ACからの写真
https://shizenso-ryozenji.com/shizensou
>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG