大分1人墓遺言

お墓の困った!どうする?今どきのあるある事情3選

人生を終えた最期の別れ、お葬式は盛大に。
自分がこの世から旅立ったあとは石墓に入るものだ。
私の遺骨は親族の誰かがずっとお世話してくれるはず。
ほんの数十年前までは、このように考える人が大半だったでしょう。

しかし、それより前は「葬祭場で葬式をするなんて」「ご近所さんが給仕して自宅葬するのが当然」と考えられていました。大分県内では家族葬が増えてきたものの、現在でも一部の郡部では、地区の人が昼夜お葬式を手伝って執り行います。

お葬式や納骨のセオリーは時代の移り変わりと共に変わっています。きっと、時代の流れと人の考え方、世の便利さが合わさって、新しい形の葬儀や、これまでは気にも止めなかったようなトラブルが起ることもまた然り、です。

1:子どもよりも大事?ペットと一緒に弔われたい!

大分ペット墓一緒に

今や時代は空前のペットブーム。

家庭で飼うペットの種類も、イヌネコだけでなく、爬虫類やげっ歯類、観賞ウォーターペットなどなど、お世話の仕方や生体もさまざまです。

核家族化が進み、子育てを終えてセカンドライフを楽しむ人の中には、ペットと呼ぶことも許さないほどの家族愛をそそぐ方もいます。

「この子(ペット)が死んだら私のお墓に入れてね」という方も。

それほどの愛情を注がれたペットも幸せでしょう。

しかし、その願いが叶えられるかどうかは、墓苑の決まり(規則)に拠ります。

環境を衛生的にキレイに保つために、近年ではお供え物や献花も制限をしている墓苑があります。

遺骨の扱いは法律に定めがありますが、動物の納骨に法律の制限はありません。(ただ、ペットの骨は言ってしまえば「可燃物」と同じ扱いなのです)

動物の納骨も可能な納骨堂は増えてきているようです。

大切なペットの骨を一緒に納骨できるかどうか、事前に確認をしておくべきでしょう。

2:個人情報が分からない!

買い物や支払い、写真の保存…生活に関するいろんなもののデジタル化が進んでいます。

パソコンやスマートフォンにあらゆる個人情報が保存されている時代です。

文書の作成も、手書きよりパソコンソフトを使って保存しておく方が便利ですね。

銀行口座やオンライン株取引、大切な友人の名前や電話番号も、デジタル端末を使ってログインして操作をするシーンが増えました。

ただ、これらは基本的に利用者本人の個人情報です。

家族といえども、ログインIDやパスワードが分からなければ、情報を調べることが難しいのです。

もし、家族との突然の別れが来てしまったら…。

家族は、大切な知人に自分の他界を知らせるための情報を探し出せないかもしれませんし、悲しむ暇もなく、デジタル遺品を調べる事になるかもしれません。

大切な家族が後々困らないように、終活ノートなどを上手に活用しましょう。

3:親おひとりさま一戸建ての実家とお墓、どうする?

大分1人墓遺言

住まう人がいなくなった空き家が、特に過疎地で問題になっています。

平成30年の調査では、全国に846万戸、全戸の13パーセントが空き家で、放置や所有者不明となっているのだそう。

親元を離れて生活する子どもがマイホームを所有していれば、実家に再び住む見込みはなくなります。

大切な思い出が詰まった実家でしょうが、維持管理するのは簡単ではありません。

実家から離れたところで生活している人は、家墓の手入れ・お墓参り問題も起ります。

親が望む弔われ方や実家をどうするか、子どもの住まう近くで納骨堂を探すかなど、生前に決めておくことをおススメします。

霊山寺ではそんなお悩み相談を受け付けています。

霊山寺の永代供養「納骨室」~1300年の歴史がある飛来山霊山寺へ

参考サイト・出典
https://www.akiya-akichi.or.jp/blog/19453/ NPO空家空地管理センターホームページ
https://time-space.kddi.com/it-technology/20180719/2386 TIME&SPACE「スマホやパソコンに永遠に残る『デジタル遺品』 今からできる準備と遺族の対処法は?」
https://dot.asahi.com/aera/2017061500039.html?page=1 AERAdot.「なぜ霊園はペットとの埋葬を禁止するのか?」
https://www.photock.jp/ フリー写真素材 フォトック

>「自然葬」土に還るという美しい選択

「自然葬」土に還るという美しい選択

飛来山霊山寺は1300年の歴史をもつ特別な場所、そして、西国霊場八番札所として知られる「聖域」です。そんな格式の高い霊山寺では、「自然葬」という、自然の土に還る埋葬をしています。大分で自然葬を考えているなら、ぜひ飛来山霊山寺にご相談ください。

CTR IMG